オペラ「陰陽師」

・・ってあるのかな。 漫画の「陰陽師」はどうなったのかな。まだ続いてるのかな。 安倍 晴明ブームは去ったとけど、これから、本当のリアル現実正神:精神世界ブームが本気でやってくるという予定?を感じてて、生々しいリアル精神現実世界オカルト(私はオカルトという言葉に抵抗がある、オカルトじゃないもの)な、オペラをやったら、面白いなあってちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜか気になる吉川晃司

どんな人物かはこちらを参照 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C8%C0%EE%B9%B8%BB%CA 先日徹子の部屋で、久しぶりに見てちょっと感動したの。。いい青年に、いやもうおじさんの年だけど、成長したねえ・・嬉しいです。素晴らしくいい歳の取り方をしたねえ。 こんな、天然系の人だったんだね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚きのランデヴー

真面目に驚いた。 今日用事があって、銀座に行った。 道を歩いていたら、ふと、ある人のことが思い出され、なんとなく、なんだかバッタリ会ったらなあ・・と妄想が走った。 なぜかというと、よく銀座で打ち合わせをしてたから、、 なんだか、懐かしさはないし、何の感慨も思いもなかったけど、会ったら面白いのになあ~と。どうしているかなあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素直じゃない・・

フィガロの結婚・・ 本当はスザンナをやりたいって思ったのに、伯爵夫人やる=なんて言ってしまって・・ だって、ドキドキしちゃってね・・(笑)辛いわね。。 でも、私がスザンナだと、あのメンバーの顔を見ると、、ちょっと違う物語になってしまいそう(笑) サとっちゃったような妖艶なスザンナ、って(笑)・・フィガロがつまらなかったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏に早いけど、リアル怪談昔話

昔、オオカミって大神のことなんだあ!と気が付き感動した私は、自然破壊と同時に絶滅したオオカミと大神、また今は、本当の神が封殺?(当時は何だかわからないけど、神が意図的に謀略によって押し込められ殺されているというイメージがあって苦しい気持ちがありました)されていると言う感覚が苦しいくらいにあって、なんとも言えない、口惜しさと、でも、なんだ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

無事終了

今までの演奏で一番良かったのではないかな。。 ちゃんと指揮も見れたし(笑) なにより、歌ってて気持ち良かった。 嬉しい気持ちだった。 でも、実はテンションは今日は最悪の底でした。 何があったから、とか言うのではないのですけれど。5月はメタメタの底にいて、最近がピークです。 少し、舞台の袖で緊張したのが、おや、と思った。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

発覚・・・

自分の元旦那様に体型や面影やいろんなところがよく似ていただけでは飽き足らず・・・ 実は元旦那と婚約した直後、現在進行形中の藍仁さんが名乗りを上げて出てきてね・・ 私は知らない女に呼び出され、何だろう?ととりあえずかなり深刻そうなので、彼の元彼女の友人で彼のことで大変な話がある(なんだ?また昔の女のごちゃごちゃか?と思っていた)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のみなとみらい・・・

演奏の感想より、 「痩せていた」という速報が入って、気になった。 ・・・。 さて、明日は本番 やっぱりね、私舞台の上だと、人格から何から変わるわ。 今日リハしてて、しっかりわかった。 世田谷区民会館ホール、響いいじゃあなああい。だれよ響かないって言ったの。 気持ち良かったああ・・。 こんなにうちの団上手だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はかつしかシンフォニーで知り合いのコンサートに行ってきました

ひいき目じゃないけど、一番良かったのではないかな、彼女はメゾソプラノ歌手。 オペラ・アリアと、アンサンブルが盛りだくさん!一度に沢山のオペラが楽しめた感じ。 曲として一番いいなあと思ったのは、ジャンニ・スキッキ:私のお父さん、これはねえ、私を泣かしたければこの曲を歌えってくらい、泣く曲。あと、マダム バタフライのあの一番有名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉しい!!

突然、話が弾み「フィガロの結婚」をやることに!キャストデビュー!もちろん、研究所の発表会よ(笑) いやあ。こんなに早くキャストの経験の機会がやってくるなんて嬉しい! とにかく良質な場数だと思っているので、、O・T先生よろしく! 鬼もシゴキも大歓迎、燃えますな・・板の上では私はドM。 マリア・カラスの再来などといわせて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

百姓の天下

「これから百姓の天下が来ます」 たぶんほんとに来るね。 貨幣価値が下がってくるのはもう、確定よ。 平成20年度産のお米は「フトノリト米」といって、特別なお米だそうだ。 私は、お金がなかったというのと、あんまり気が乗らなかったのとあって、スルーした。 だけど、今回、虎の子を使って、玄米冷蔵庫を購入し3年分の玄米を備蓄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑を大切にね・・

ロシアで、芸術が庶民の楽しみで、日本でみんながテレビで歌謡曲を聞くように、芸術が日常生活にあるのは わからないけど、、絶対チケットの安さに要因が大きくあるって思ったのよね。 日常のものでなければ、文化芸術は、本当には、人々の中で、花開いたとは言えない気がするの。 庶民の家庭生活に日常のものでないと、一時盛り上がっても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉しい!

忘れてた、この存在を。 失業給付金! ありがたいい~ これで、しばらく働かなくても稽古代がでる=
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サーモンは・・あ、ー、がいらないか

ほんとにちょっと、あったまに来てるので、一言云わせろ アーティストをクラシックをなんだと思ってるんだ。 あのホールAは絨毯が敷き詰められていた!会議のマイクを通した声には聴きやすい・・。 絨毯が声を吸い取って。。。どこまで届くんだ。 智ファンを馬鹿にするのもいいかげんいしろ。 この間、ミサ曲聞いたとき26列目でS席だっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

宇宙は音で出来ている

宇宙は音に満ちている お父さん=音生さん お母さん=お歌有さん お姉さん=お音恵さん 弟=音生徒 妹=居母音         なあ~んて音 お兄さんはどこ?だれか~ダジャレ大臣様あ~ 幸せな素敵な家族のハーモニーを奏でて行くためにも せっせと毎日3本の線香供養と感謝想起! そして、いつか世界は荘厳なオーケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この本と縁ある全ての人が読むのだ

人間の必読書。 森羅万象1が先日発売された。半分やっと読んだ。 発売前から増刷され、アマゾン連日NO1、昨日はこの後発売予定の本が告知後即またNO1、予約してても発売当日に手に入らない人が沢山いた、私だけじゃなかったらしい。 午前中で平積みが売り切れた本屋も。。 偉大な力 偉大な真実 そして、それらは市井で子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あしからず・・

私は、人類の共通意識に溶け込んだ実在のキリストと、キリスト教、また宗教、とまたそれを信じる人々と、教会と、また宗教曲、そして聖書、そしてまた現在教会を運営する方々、聖職者さんたち、は まったく別のもので、それぞれは何の関係もないものと捉えているところがあります。 個々の様相はまったく違うものとして、私の中では在ります。同じキリスト神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よかったね、いいねえ、凄い!男性合唱素晴らしい!本番が楽しみだね。。

今日は、6月20日の椿姫の合同立ち稽古だった。 どこの合唱団も男性陣が少なくて、苦労していると言うのに、ここはどうよ!みんな凄い! 土台がずっしりどっかり熱く厚く濃い!迫力!伴奏がオケではなくピアノのオペラに仕上がるのだけれど、 その分合唱が前面に出てきていいて、ま、合唱しだいなのかな。合唱がオケみたいなソロなの。 面白いし、男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史上最大の演技

キリストが人類の意識へ永遠に衝撃を打ち込むために、あえて磔刑になったというのは、生まれて初めてクロスというものを見たとき感じたことだった。 キリストと裏切り者ユダの関係が、実は親と子だったかも・・というのは ジェームス・キャメロンの出した「キリストの棺」(2007年イースト・プレス) というドキュメント本を読んで、唸った。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなのが

国内有数の豊かな残響、だそうです。 カトリック目黒教会 聖アンセルモ http://www.catholicmeguro.org/ ちょっとかなり遠いけど日本にこんな教会が・・へええ! 明治36年(1903年)の建築、100年以上の長い歴史、国指定重要文化財。日本唯一の『黒いマリア像』や『窓絵』。。 ほお~ミドコロいっぱい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more