初めに なにも無いところに すべて 有った

アクセスカウンタ

zoom RSS 地上稀に見る、稀有な・・・

<<   作成日時 : 2009/06/07 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は椿姫の通し稽古がありました。

だんだん仕上がってきましたね。

驚いたことがありました。

合唱の登場舞台はパーティシーンです。私はその招待客である伯爵婦人役で、今日相手役の方があてがわれました。
この方が・・奇跡のような方だったのです。さすが私です。
始め見た時は、男性の中で一番地味で面白くないような・・、突っ立ち系の、一点凝視、演技のエの字も知らない、おそらく50代前後、
この人が本当に歌を歌うの?なんで、ここに居るの?といった、冴えないグレー一色風情の寡黙なオドオドしたジャージが自然に似合う気づかいのキを知らないような日本のお父さん風・・、伝わるかしら・・もうとにかく、、一番ペアになりたくない方でした。初見は!(えーーこの人とーー??!)と心の中で、思ってしまいました。
私とペアになっても、手を取ろうとか、腕を取ろうとか、腰を取ろうとかして、なんかしよう、って、まったくその考えすらない。楽しく伯爵夫婦でやって楽しいんでいいようなパーティシーンで
エスコートしたことなくても、まねごとぐらいはなんかそぶりとかあっても良いのになあなんて、普通に並んで歩くだけのパートナーにすっかりやる気をなくしたのですが、なんか得体が知れない気持ち悪さがあって、引いてたのですが、案の定何にも絡んでこない。
それが、ほどなくして、この方が、実は途方もなくシャイで、途方もなく純粋で、気持のきれいな方で、擦れてなくて、非常に、ピュアな、はにかみ屋さんで、まじめもまじめ、もうう天使??!!ってくらい心の美しい!!柔らかい!!繊細で!!この地上にこんなに手つかず、ごみごみした世間にありながら、よくこの心の綺麗さ、美しさを男性でありながら、保って生きていたわ!!悲しくなるほど、感動している私がいました。
私は、なんだか、その人間の体を触らなくても、目に入り、意識に気が付くだけで、その人の過去、どのような人生の深見を味わってきたかが、魂の重さ、というようなものが、感じ取れることができます。でも、外見に惑わされて、正しい情報が入ってこないこともあります。これは、誰にも、説明できないただ感覚で味わうだけが可能な触覚があります。この方の魂は重いのに、それなのに、こんなに心を純粋に保ったまま、よく生きていた!と、生きていてくれた!と、感動したのです。泣けてくるほどでした。
不器用で、でも誠実で、女性の目を照れくさくて直視することもできないような、女性がいてもどうにも出来ない。。でも、とても心では普通の人が感じれないことをいろいろ感じることができる方で、感じることができるからこそ、出来ないことが沢山あって、きっと理解されないところにいて、ドンくさいと常に思われていたでしょう。この方の優しさ繊細さ温かさ真面目さ純粋さ・・どう表現したらいいんだろう、人智を超えた、、優しさ・・、天界のものではないか?普通の人には感じることが出来ない常軌を逸した柔らかさでした。
私が感動して、泣けてくるほどの、魂の柔らかさ、この方の腕を取った瞬間の感動を忘れられない。女性以上に柔らかい、魂が繊細でセンシティブで、、よく肉体をまとうことが出来たわね!と思う、魂の細やかな振動数の高位を感じた。これ以上繊細な光の光度だと肉体を持つことはできないのでは、いわゆる受肉ギリギリの高位の霊身の方なのではないか??怖いくらいまじめで優しく優しすぎるほど優しくて純粋で純朴で、ピュアで羽毛のようにあるかないかの柔らかさの、繊細なオーラを温かく持つ、大切にしなければいけない人だった。

そして、それは、父と同じ柔らかさ、暖かさだったのです。
父と同じ次元の魂を感じました。それで、私は眼を見張りました。
お父さんと同じ繊細さ、優しさ・・暖かさだ・・。父と同じ意識の類の魂だと、感じ取り、知りました。
「!!(お父さんだ・・)」
驚きました。どきどきしました。腕をとる前とは、まったく別の理由で、この人の腕を取ることが、ためらわれました。
柔らかすぎるのです、優しすぎるのです。。
そして、私は、この方への関心に意識が思いっきり見開かれました。猛烈この方への関心が傾きました。
・・初め外見に惑わされ真実と遮断が起きていた私は、いやだな、と思いつつ、歌を隣りで歌って、この方が、とても照れ屋さんだということがちょっと分かり、私をあてがわれて所在なくどうしていいか分からないでいるのを見て、やっぱり、つまらない人だと、少し思い、、、何にも絡んでこないどころか、演技心がないし目を泳がしているから、私は、これまで自分から腕を組みに行くことはしたことはなかったのですが、あんまりにも絵にならないし、外見の気持ち悪さを超えて、それに、はじめ感じたほど、変な人ではなさそうなのが分かり、気分を出すためにも、目をつぶって、思いきって腕を組みました。

それで、この方が、この方を衝撃的に体験したのです、今まで知らないセンシティブな衝撃、その、瞬間のこの方のオーラは今まで味わったことがない体験したことがない!父と同じ柔らかさ、優しさ、いやそれ以上だ!と、驚きました。本当に本当にうわああ・・という産毛のように繊細で柔らかな体だったのでした。なんていうまじめで、心の綺麗な曇りのない純粋な誠実な!そう!!誠実!裏とか、悪いことなんて考えを知らない。。なんという気持ちの穏やかな綺麗な純粋な方なんだろう!!
私は人のオーラに刻まれているその方の今までの人生を味わって泣くことができます。味わうことができます。何を思い何を感じて過ごしてきたか、なぜか、それが感じれてしまうのです。その方は、泣けてしまう人だったのです。こんな、オーラをもった方は初めてだったのです。
こんなオーラを持ったまま、、よく、生きていてくれた、と、思います。
休憩中、別の方が、この人は良い人だよ、、と言われ、ああ、そうだわと、外見に惑わされ、気味悪く感じた私に落ち込みます。

稽古では、私とペアなのに、一度も、顔を見てくれないし、どっか散ってしまおうとする。。女性から無意識に離れようとする。。それは、良く分かる、そうなってしまうのは・・。。これほど、繊細な男性で、そして不器用で、、しかものこの年齢だったら、普通の女性には理解されることはない・・。。

私はこの方に、本番までに、私の顔を見て歌っていただくことを内心決心しました。

稽古の後の飲み会で彼は帰っていたので、上記のような感じたことを言ってなんとか本番までに私の体に触ってもらうようにすると、それを皆に言ったら、一斉に、皆半立ちで、
おおーーー!!イイイ人が入ってきてくれた!!うわよかったああ!嬉しい!○○さんをここまで理解してくれている!!演技指導は任せた!お願いします!!!良かったああ!!と全員に感謝された。

任せてください。。。

また、楽しみが増えました。。
というか、この方に出会えて嬉しかったです。本当に心からそう思っているのです。
もし、独身の方だったら、私の親戚で、ハイミスを探し、絶対良いからって、くっつけちゃうね。
うちの親戚に引き入れたい。。そんなふうに思う人、、はじめてでした。

。。。ハイミス・・あら・・・私が、そうじゃない・・・。。。。。。無理です。。お父さんとは無理です。

でも、私は、父と、一番、結婚したかったのです。それほど、好きで、大好きで、いつも、いつまでも、一緒にいて、当然当たり前の存在なのですから。
小さい頃は、よく、お父さんが喜ぶことなら何でもする!って生まれてきた使命のように思っていたね。

肉体はもうこの次元にないけれど、今回、なにが嬉しかったって、父が、肉体を復活してくれたのかのような、この方に出会い、父ではないけれど、父の肉体に触るような、触っている感覚を持つことができ、感じることができ、いいえ、
父の体に触れることが出来て、しまったのです、触れられたのです、触れたのです、実態んお物質のこの次元で、しっかりと、それが、何より、嬉しいことだったのです。
肉体があるということは、驚異です。本当にすごいことなのです。


・・私はまごうことなき、ファザコンです。

そう・・バリトンの先生に父と似たところがあるのをこの間、発見しています。。我ながら呆れます。
しかも、干支もしっかり同じでした。
このバリストは、面白すぎます。一体何人の御縁を統合総合されている方なのでしょう。。

今日、また、思ったこと、、私はバリフェチ・・(笑)バリトンの声にやられる・・(笑)
この団にもいいバリトンがいてね。。
テノールも素敵なんだけど、若い・・いじりやすい、かわいい、気が良い、いいはいいけど、素通り・・
バリトンは・・腰に来るね。。(笑)
で、日常生活もバリなの・・あの声で日常・・良いなあ。。
それで、今日、みんなの意見で、バリトンは常識人が多いという見解になってたのだけど、
え?いや!違う!と心の底で叫んでました(笑)
まだ新参者で初めての飲み会参加で、そこで異論を割って展開できるほどの、立場身分でないので、ちょっと悔しかったのですが、どっちかって言うと、行っちゃってる系の人多くないですか??ちょっと特殊な個性を持っている方が多いというか・・
でもって、バリトンの面白いところは、バスやテノールとは、ちょっと立場が、少し、毛色を違えてる、役が多いというか、アクセント的役が多いというか、、香辛料的材質、役割として使えるような、声のバリューがある、、低音だけど声の輝度がテノールより高いと感じる、鮮やかさ、というか、引きしまった、個性のきりりとしたバリが入るととてもその場が、引きしまって引き立ちますよ、だから、癖のある人がバリにいると、物語のメリハリがついて、引きしまって面白くなるですよ。きっと。そういう、ことができるのが、バリじゃないかなああああ???
バリフェチの私としては、そう思うのですよ?違うかなあ??


また、眠れなくなってきた・・

早く風呂に入っておねんねナサイ・・・
はーーい。。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地上稀に見る、稀有な・・・ 初めに なにも無いところに すべて 有った/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる